2008年10月24日

ベトナム行ってきました

4泊5日、でも初日は飛行機が2時間遅れて夕方着。
(事前に分かっていたので、成田で待ちぼうけという事態は免れた…。)
5日目は0時を過ぎてすぐに空港を経ち、朝には成田着だったので、
実質的に遊べたのは3日間。まぁそれでも、貴重な現実逃避でした。
画像 094.jpg

★ハノイ
まずはハノイへ。夕方着いたせいか、そんなに暑くない。
空港を出る頃には日も落ちていたが、驚いたのは一国の首都・ハノイの夜が暗〜いこと。
ダカールの方が、よっぽどネオンや街灯がまぶしかったなぁ。
…おっと、またセネガルと比較しちゃった。画像 106.jpg

何しろ今回の旅は時間の余裕がないので、ホテルに着くとすぐホアンキエム湖方面へ散歩。とにかくバイクの数が半端なくて、信号のないところで道路を横断するのは至難の業。
それでも、同じくバイクの多いインドで培った?感覚を頼りに、バイクと車の波を縫って横断することに成功。

夕飯は、あっさり薄味スープに入った細麺(フォーじゃないよ)、具はシーフード。

★ハロン湾
画像 136.jpg
「海の桂林」と呼ばれる、ユネスコ世界遺産(自然遺産)。
ハ=降りる、ロン=龍。
いくつもの岩?山?が、にょきにょきっと生えている。
そこへ、シーフードランチつきクルーズ船が、うじゃうじゃ。
自分たちも、その一つに乗ってたんだけどね。
観光資源は、貴重な収入源だけど、船の上のキッチンやトイレから出された排水はどこへ??海の水が透明じゃないのは、気のせい???ちょっと気になりつつ。

★沿道のようす
ハノイからハロン湾までは車で3時間ほどかかる。
ハロン湾そのものと同じかそれ以上に、車窓から風景を眺めているのが楽しかった。
水田は、ちょうど収穫の時期。コンバインは使わない。
しかも日本では通常、稲刈りのときにはもう水を抜いてしまっているけれど、そこでは収穫時期まで「水田」。体力の消耗も激しいに違いない。
画像 114.jpg   画像 108.jpg 
↑この道路は、日本のODAによって建設された、らしい


★家を見て思ったこと
画像 115.jpg ベトナムの家は、奥に細長い。そして、縦にも細長い。
ファサード(正面)だけはカラフルだけど、側面は、コンクリ剥き出し。
地震がないので、レンガを積み上げて3階、4階建てにすることができるという。
そういえば、空港からのバスでガイドさんが言っていたが、社会主義国であるベトナム(正式国名はベトナム社会主義共和国、大統領はおらず、共産党書記長が最高指導者とのこと)では、土地は国有で、国民は借地料を払うらしい。
だから、使う土地の面積を抑えて、地上に伸ばすんだろうか…??
posted by ちひろ at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108555012
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。