2008年10月24日

続・ベトナムへ行ってきました

★水上人形劇
もともとは農民たちが始め、1000年以上の歴史があるという水上人形劇。
「人形劇なんていっても、小さい頃に見たかなぁ〜。あとはピノキオくらいしか思いつかないや」
なーんて思っていたが、侮ることなかれ、一見おおざっぱなようできちんと計算された巧みな動きに、見れば見るほどハマります。
今後ベトナム訪問予定の方は、ぜひ。

★ホーチミン
ハノイより、こちらの方がよっぽど大都会。夜までにぎやか。
ハノイもそれなりに整備された町だったけれど、こちらは「プチ・パリ」と呼ばれているのもうなずける。
画像 166.jpg 

当初は、「アオザイ買うぞ〜」と意気込んでいたが、やっぱり使わないものより使うものを、ということで、仕事にも休日にも使えそうなシャツを購入。

そしてこちらは蒸し暑い。建物を出た瞬間に浴びるむわっとした空気、ところどころにあるフランス風の建物、んーダカールに近い。
いや、でもダカールにはシェラトンもヒルトンもグッチもヴィトンもないか。
ハノイを含む北部には四季があるのに対し、ホーチミンの気候は雨季・乾季だそうな。

あちこちにホー・チ・ミン像(手前の黒いのがそうです)画像 178.jpg

★ドラゴンフルーツ
初めて食べました。
なんか、粘りがなく水っぽい山芋みたい・・・。
あんまり好きじゃないわぁ。。。
画像 102.jpgホテルのウェルカムフルーツ♪ 

★ベトナム戦争
ベトナム戦争の終結は、1975年4月30日。
たったの33年前ですよ?!
「戦争証跡博物館」は、衝撃でした。

★日本語
滞在中、ほとんど日本語で過ごすことができた。
これまで、ほぼ日本語を使えない所で自己流アレンジの旅行ばっかりしてきた身としては、落ち着かない。
でも、日本人観光客が多い所では日本語を使えることが即、収入アップに繋がるってことが、よく分かった。

ところで、日本語教師の皆さん、言葉遣いには気をつけてくださいね。
ハノイでのガイドさんが、何か喋るときに必ずといっていいほど、最初に「なんか、」を無意識的につけていました。
あぁ、彼を教えた日本語教師のクセだったんだろうなぁ〜と思いながら聞いていましたさ。
posted by ちひろ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。