2008年10月25日

続々・ベトナム行ってきました

★そういえばベトナムには・・・
「物乞い」がいない??
ハノイ、ホーチミン双方で、一度も、物乞いに近寄られもしなければ、それらしき人影も一切目にしなかった。

私の視界に入らなかっただけか?
違う場所にはいるのか?
それとも、ベトナム全国的にみても、いわゆる物乞いはいないのか?
そうだとすれば、経済レベルのおかげ?
社会主義のおかげ?
宗教や思想の影響?

★田舎へのおみやげにフランスパン
フランスパンが都市部に普及しているのも、
それを帰郷の際のお土産にするのも、
そのために幹線道路の脇でフランスパンを売る人がいるのも、

セネガルとおんなじ〜〜〜

★カテゴライズ
人間は自分の知識・経験をもとに価値基準を形成して、
新しいものに直面したときにもそれに基づいて価値判断して、
頭の中にあるカテゴリーに当てはめようとする。

と、どこかで聞いたような読んだような気がするが、
今回、何かにつけ「インドっぽい」「セネガルっぽい」「この服装、中国っぽいなー」「この人の顔、日本人と変わらない」と思ってしまう自分に、旅行2日目にして気づいたのでした。。

「あぁ、これベトナムっぽいよね」という発言ができるようになるには、ちと今回の旅行は日数が短すぎましたな。
posted by ちひろ at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。